WPまとめてインストーラー

 

WPまとめてインストーラー

 

<できること>
①複数のドメインにWordpressにインストールする際、自動でインストールしてくれます。
②MySQLではなく無制限のSQLiteで利用することが可能。SQLiteのKEYの部分は自動取得してくれます。

 

 ※サーバでMySQLの数が制限されている時など、SQLiteなら数を気にすることなく設定できます。

 

<対応サーバ>
このように、FTPとSQLiteに対応しているサーバであれば動くと思います。
FTP ○
SQLite 〇

 

<やってること(通常のMySQLの場合)>
①FTPでサーバにWordpressフォルダ一式をアップロード
②ブラウザで表示
③各種項目を自動入力
④ログイン画面からWordpress管理画面まで

 

<やってること(SQLiteの場合)>
①下記サイトからSQLiteのKEYを取得。wp-config.php書き換え
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
②FTPでサーバにWordpressフォルダ一式をアップロード
③ブラウザで表示
④各種項目を自動入力
⑤ログイン画面からWordpress管理画面まで

 

 

<注意:こんな人は買わないでください。>
・まずは、下記の<使い方>を見てください。
・Wordpressを手動でインストールしたことない人。
・FTPの設定ができない人(初期フォルダ、PASVモードが分からない人)

 

<ダウンロードはこちら>
ここからダウンロード NEW!! (2018/11/15)
passあり。

 

<購入はこちら>

使い方

WPまとめてインストーラの使い方(SQLite版)

 

■準備
準備が完全に終わってからツールをご利用ください。

 

■wordpressファイル一式を用意
①wordpressのファイル一式を用意し、
②[アップ用Wordpress]下に置いてください。

 

 ※現バージョンでは、ドメイン直下に置くことを前提としていますので、

 

  [アップ用Wordpress]
[wp-admin]
[wp-content]
[wp-includes]
index.php
.
.

 

  という構成になります。
  プラグイン、テーマなど予め入れておくとと、ダウンロードする手間が省けます。

 

■sqlite-integrationプラグインを用意

 

https://ameblo.jp/nihonium/entry-12193002944.html
https://www.webantena.net/wordpress/install-wordpress-sqlight-and-plugin-sqlite-integration/
を参考に。

 

①sqlite-integrationプラグインをダウンロード
②上記Wordpressフォルダの
「wp-contet」>>「plugins」に「sqlite-integration」を置く。
③「sqlite-integration」の中の「db.php」をコピーして
 「wp-contet」下に貼り付け

 

 

■ドメインを用意
設置用のドメインを用意し、

 

①DNSサーバの設置が終わっていること
②サーバへの設置が終わっていること。(ftpでアクセス可能であること)

 

■FTP用に下記の情報が必要となります。

 

ホスト名     : ホスト名(ホストサーバ名を分かりやすくするためで、使いません)
ホストアドレス : ftpサーバ
ホストユーザー名 : ftpログイン時のユーザー名
ホストパスワード : ftpログイン時のパスワード
初期フォルダ : 初期フォルダはサーバにより異なります。public_html, www, web など
ドメインフォルダ : 通常ドメイン名となります。
PASVモード : パッシブモード "ON" or "OFF"

 

 ※現状ポート番号の設定はできません。接続できないサーバがあれば、ご連絡ください。

 

 

■データベース
データベースにはSQLiteを利用するので、MySQLデータベースを用意していただく必要はありません。

 

 

■Wordpress設置用に下記の項目が必要となります。

 

セットアップURL  : www.ドメイン名(/wordpressフォルダ)

 

データベース名 : 不要
ユーザー名 : 不要
パスワード : 不要
データベースホスト: 不要
テーブル接頭辞  : wp_

 

サイトタイトル  : サイトタイトル
ユーザー名 : WPログイン時のユーザー名
パスワード : WPログイン時のパスワード (頑丈なパスを設定してください)
メールアドレス : 通知用のメールアドレス

 

※ユーザー名には、半角英数字、スペース、下線、ハイフン、ピリオド、アットマーク (@) のみが使用できます。

 

■account.csvファイルの編集
上記のデータをすべて、account.csvファイルに入力し、保存します。

 

■ツールの起動

 

①「□MySQLなし(SQLiteを使用)」にチェック
②[アカウント情報読込]で上記ファイルを選択
③[登録開始]

 

注意
・現時点で、メッセージなどは出ません。
・失敗した場合は、未確認です。
・途中で失敗した場合は、下記2つの削除が必要となります。
 ・手動でアップロードしたファイルのすべてを削除

 

 

■ツールの内部動作

 

①SQLiteのKEYを取得し、wp-config.phpを書き換えます。

 

②FTPで接続し、各ファイルをアップロードします。
 ・同名のファイルが存在した場合、上書きします。
 ・同名のフォルダが存在した場合、エラーとなります。(ftpにフォルダ上書き機能がない)
  この場合は、フォルダを削除するか、フォルダ名を変更し、再度実施してください。

 

③ブラウザでサイトにアクセスします。
例: http://ドメイン名.com/wp-admin/setup-config.php
注: www有無は改善します。

 

④各ページで、設定項目の入力

 

⑤設定終わったら、ログイン画面からログイン

 

■FTPアップロード実績
・sakura PASVモード:ON 初期フォルダ:/www/
・heteml PASVモード:ON 初期フォルダ:/web/
・quicca PASVモード:OFF 初期フォルダ:/public_html/
・ロリポ PASVモード:ON 初期フォルダ:/
・mixhost

 

・エクストリム(対応中..... )

 

※初期フォルダは、FFFTP,FileZillaなどで、任意のファイルで、右クリック、
[URLをクリップボードにコピー]で、初期フォルダが確認できます。

 

■FTPアップロードに失敗する場合
・[初期フォルダ]が間違ってる場合があります。

 

 ブラウザなどで、
 [ホストアドレス]/[ホストユーザー名]/[初期フォルダ]/[ドメインフォルダ]
 にアクセスできるかお試しください。

 

 またFFFTPなどでは、
・任意のファイルを選択、右クリックで、[URLをクリップボードにコピー]で、
  メモ帳などに張り付け、することで、初期フォルダを確認することができます。

 

・PASVモードを切り替えて実施してみてください。
 PASVモードのON/OFFにより正常にアップロードできることがあります。

 

■Wordpressのインストールに失敗する場合
・アカウントファイルの[セットアップURL]が間違っている場合があります。
 ブラウザで、[セットアップURL]にアクセスして、セットアップ画面に移行するか確認してください。

 

・DNSサーバの反映が遅れている場合があります。
 [セットアップURL]にアクセスして、セットアップ画面に移行するか確認してください。

 

・ユーザー名、パスワードが間違っている場合があります。
 ユーザー名、パスワードには、半角英数字、スペース、下線、ハイフン、ピリオド、アットマーク (@)
 のみが使用できます。日本語はNGとなります。

 

■最後に...

 

現状は以上です。

 

これから
・他のサーバにも対応
・進捗の表示
・FTPが中断した場合のリカバー
・入力ミスがあったときのリカバー
など作りこみが必要となります。

 

 

 

 

履歴

 

Ver 0.06
・[WPセットアップのみ]チェックボックス追加
 これにチェックするとFTPアップロードを省略して、Wordpressセットアップから実行する。
・FTPエラーの場合、詳細を表示するよう改善

 

Ver 0.05
・account.csvの[,]の数が間違っていた場合、警告を出すよう改善。
・account.csvの必要項目が空白であった場合、警告を出すよう改善。

 

Ver 0.04
・account.csvの(WP)ユーザー名、(WP)パスワードに日本語が含まれる場合に、警告を表示するよう
修正
・account.csvの(WP)セットアップURLに、http:// が付加されていても動作するよう修正

 

Ver 0.03
・アップロード中に失敗しても、再開できるように修正。
 (フォルダ作成で失敗しても、無視するように修正)

 

Ver 0.002
・クイッカサーバがPASVモード OFFでないとアップできなかったため対応
・account.csvのフォーマットを変更 FTP情報に、PASVモードを追加

 

 ホスト名     : ホスト名(分かりやすくするためで、使いません)
 ホストアドレス : ftpサーバ
 ホストユーザー名 : ftpログイン時のユーザー名
 ホストパスワード : ftpログイン時のパスワード
 初期フォルダ : 初期フォルダはサーバにより異なります。public_html, www, web など
 ドメインフォルダ : 通常ドメイン名となります。
 PASVモード : パッシブモード ”ON” or”OFF” ※追加