まとめてアップローダー

 

まとめてアップローダー

 

ドメインを沢山持っている人、こんなことで困ったことはありませんか??

 

① .htaccess ファイルをドメインごとにアップするの面倒
② wordpressのプラグインやテーマをドメイン毎にアップするの面倒

 

 

このツールが解決してくれます。

 

<手順>
①指定フォルダに、ファイルまたはフォルダを入れておく
②accountファイルを作成して、ツールに読み込ませる
③アップロード先の共通フォルダを指定
④[アップロード]

 

これだけで、複数のドメインの指定場所に特定のファイルをアップロードできます。

使い方.txt

まとめてアップローダー

 

■概要
ローカルPCのフォルダorファイルを、異なった[FTPサーバ]-[ドメインフォルダ]-[指定フォルダ]に
ファイルをアップロードすることが出来ます。FTPツールで[ドメインフォルダ][指定フォルダ]
に移動する手間が省けます。

 

■準備
圧縮ファイルをファイルを展開して、ディスクトップなどに置いてファイルを一式置いて
[まとめてアップローダー.exe]を実行してください。

 

■アカウントファイルの準備
ftpホスト名 : ホストの設定名 分かりやすい名前を記載してください。(未使用)
ftpホストアドレス : FTPアドレス名 例: hogehogeftp.jp
ftpホストユーザー名 : ユーザー名 ID
ftpホストパスワード : パスワード PASS
初期フォルダ : 初期フォルダ [/public_html][/www][/web]などサーバにより異なります。
ドメインフォルダ : ドメインフォルダ
PASV : パッシブモード [ON] or [OFF] サーバにより異なります。

 

※PASVモードについて分からない場合は各自でググってください。

 

以上の情報をaccount.csvに記載してください。

 

■アップロードファイルまたはフォルダの準備
アップロードしたい[フォルダ][ファイル]を[アップロード用ファイル]フォルダに置いてください。

 

■使い方
①アップロードしたい[フォルダ][ファイル]を[アップロード用ファイル]フォルダに置きます。
②[アカウント情報読込]を押して [account.csv]を選択します。
③[手順③ 共通部分]に [共通部分]を記載します。
④[アップロード] を押す
 ([テストアップロード]を押すと、テストとして1行目のみアップロードします)

 

アップロードが始まりますので、完了するまで待ちます。

 

■捕捉
あらかじめFTPツールを起動し、アップロード先を確認しておくことをお勧めします。
FTPツールでアップロード先を確認後、マウスの右クリックで[URLをクリップボードにコピー]に
より、アップロード先を確認することが出来ます。

 

例として、Wordpressにプラグインを入れたい場合...
〇アップロード用フォルダ
アップロード用フォルダに、プラグインフォルダをコピーしてください。

 

〇FTPツールでアップロード先を確認します。
ftp://hogehoge.jp/public_html/hogedomain.com/wp/wp-content/plugins/

 

〇本ツールで各項目を設定します。
[ftp://][hogehoge.jp][/public_html][hogedomain.com][/wp/wp-content/plugins/]
FTPホスト 初期フォルダ ドメイン 共通部分

 

※共通部分は既に存在している必要があります。存在しない場合はエラーとなります。

 

■エラー時の対処方法
〇フォルダ作成不能
サーバに[共通部分]フォルダが存在しない場合は、エラーとなります。フォルダの作成が
必要な場合は、[アップロード用フォルダ]にフォルダを作成してください。

 

〇ID,PASSのミス
ID,PASSにミスがある場合はアップロードに失敗します。

 

〇ファイルが途切れる..
サーバによっては通信が不安定でファイルが途中で途切れている場合があります。本ツールでは
ファイルサイズが正しくない場合は、再度アップするようにしております。

 

〇改行が2つになる。
ファイル拡張子が、.html .htm .txt .css .csv などの場合、テキストモードでアップロード
しております。

 

 

なにかあれば追加していきます....

 

 

Paypal購入はこちら。

4000円

 

 

<ダウンロードはこちら>
ここからダウンロード NEW!! (2018/12/24)
passあり。